2017.5.15 あまり知られてない鬼のモデル銅像

>

今日は、午前中、2時間ジムで筋トレ&ジョギング。筋トレは、いつもダンベルで大胸筋&上腕二頭筋&三頭筋を鍛えている。

 

昨年、7月から始めて、最初は、10㎏からスタートしたが、今では、20㎏のダンベルでトレーニングしている。ただ、あまり筋肉をつけすぎると、走るのには邪魔なので、毎回30分ほどしかやっておらず、ほどほどにしている。

 

そして、午後からはバス&徒歩で岡山市内の介護施設へ。

 

2時間会議を行って、現在、懇親会待機中。

 

写真は、岡山駅西口から徒歩1分のところにある銅像。

東口の桃太郎像はメジャーだが、これが何なのか、岡山県民もあまり知らないだろう。

 

 

もちろん、自分も初めて見たので、一体これが何の銅像なのかを台座の説明書きやネットでもちょっと調べてみたが、おそらく、温羅(うら)という桃太郎伝説の鬼のモデルのようだ。

 

岡山では、夏祭りは「温羅じゃ踊り」を大々的にやっているにも関わらず、そのモデルの銅像はあまり存在を知られていない。実に、岡山らしい。

By