2017.5.27 通所リハビリと通所介護を同時に扱うW貴之セミナー

>

今日は、銀座の保健医療福祉サービス研究会にて、通所セミナーを実施。

 

通所リハビリと通所介護の再編統合をテーマに通所リハビリの担当はボク三好貴之で、通所介護は、楓の風グループの小室貴之先生による「W貴之」コラボレーションセミナー。おそらく、通所リハビリと通所介護を同時に扱うセミナーはあまりないのではないかと思う。

 

通所に関しては、すでに、昨年の9月20日社保審介護保険部会で、「役割分担と機能強化、特に通所リハビリに関しては、リハビリテーション専門職の配置促進や短時間サービスの提供の充実」と議論されている。

 

いずれにしても、預かり以外の役割も機能もない通所リハビリ、通所介護は今後はかなり厳しくなる。

 

そして、セミナー関しては、今はW貴之だけだが、今後、認知症対応型通所介護や小規模多機能、看護小規模多機能の通い機能の講師貴之を探し出して、いつか「オール貴之」セミナーをやってみたい。っていうのは嘘。

 

そして、セミナー終了後、某医療法人の理事長とランチをした後、銀座の街へ。

ちょうど週末で歩行者天国となっていた。写真左手奥に和光、右手に三越だ。

 

 

せっかくなので、田舎者丸出しで、堂々と道の真ん中をウォーキングした。

By