2017.7.1 「失語症特化デイサービス運営セミナー」に参加。

>

今日は、午後から東京銀座の保健医療福祉サービス研究会にて、「失語症特化デイサービス運営セミナー」に参加。

 

前回の診療報酬改定で、外来患者の通所リハビリ移行に関して、「高次脳機能障害をどうするか」という議論が挙がっていたが、結果、高次脳機能障害の有無に関わらず、要介護被保険者は、通所リハビリへ移行という方針になった。

 

しかし、問題なのは、受け手である通所リハビリや通所介護に失語症を受け入れる土壌がないことで、STが在籍している通所リハビリや通所介護は非常に少ないのではないか。

 

今日の話を聞きながら「これから脳卒中や運動器の長期患者は、医療機関ではなく、介護施設でリハビリをするようになるぞ」という、15年前に聞いた話を思い出した。

 

当時は「そんなはずはない」と思っていたが、今や常識となった。

 

よって、失語症患者の生活期リハビリ提供は、通所リハビリや通所介護は十分に考えられる話だ。おそらく、需要も高いと思われる。

 

写真は、本日ランチをとった、新橋駅前の「チャーハン王」。

 

メニューはチャーハン1品の「チャーハン特化型」だ。しかし、お店は「専門店」という言い方がしっくりくる。

 

おそらく、中華料理業界も需要と供給が逆転すれば、このような「専門」が登場するのは市場の原則だろう。今のところ他に「餃子専門店」「点心専門店」は知っているが、「麻婆豆腐専門店」「天津飯専門店」があれば行ってみたい。

 

来週は、「通所リハビリに特化したセミナー」を実施します。

http://www.hms-seminar.com/seminar/?id=1490160124-783614&ca=&le=&ar=

 

By